タイのトイレ事情

海外旅行で、必ず利用するのに現地に行くまであんまり気にしていないのが
「トイレ」です。

あまりにも日常で、日本ではどこでもきちんと整備されているので、ほとんど気に留めることはありませんが、海外旅行、特にアジア地域での旅行先で驚くことがあります。

タイでも、都市部ではほとんどトイレがきちんと整備されていて、おもな観光地では様式トイレになっているので大丈夫ですが、たまにいわゆる「タイ式」のトイレに遭遇します。

「タイ式」トイレは見かけは日本でいう和式トイレとほぼ同じです。ただ、多くの日本の和式トイレはドアに背を向けて用を足しますがタイは反対でドア側に向かって用を足します。また日本式のようにトイレの前後が分かりやすくなっていません。よく見れば分かりますが気をつけましょう。
そしてもうひとつ、大きな違いがその後です。多くのタイ式トイレには便器の横に大きな水槽と手桶があるので、手桶で水をすくって流しましょう。トイレは一応水洗なのですがその水は手動です。
また、タイではトイレットペーパーを流せない場所が多く、もしうっかり流してしまうとパイプが詰まってしまう可能性大です。くれぐれも注意を。トイレットペーパーは必ず備え付けのゴミ箱に捨ててください。

観光地に多い、いわゆる「洋式トイレ」も、一般的な、我々が思う洋式トイレとはちょっと違います。
ちなみ公衆トイレは有料の場合も多いようでだいたい1バーツ程度です。
見ため、使い方とも同じなのですが、なぜか便座が濡れていることが多く、トイレにホースのようなミニシャワーが付いています。
現地の人たちはあまりトイレットペーパーを使わないらしく、使用後は備え付けのそのミニシャワーでお尻を洗うそうです。まあ、ウォシュレットみたいな感じ?かな。だから便座が濡れていることがあるので、座ってびっくり!ということにもなります。
使用する前のチェックをおススメします。

アスタリフト
[PR]

by hasuthai | 2009-02-27 18:05

子育て天国? >>